製薬会社に転職ってどう?

製薬会社における薬剤師の求人

薬剤師の専門的な知識・技術を活かす現場は、患者さんに直結するところだけではありません。間接的に支えることも、薬剤師としての職務なのです。最近注目されている新薬の開発に携わる治験コーディネーターをはじめ、製薬会社で薬剤師が活躍するところも増えているのが現状です。

主に病院や調剤薬局への就職が多い現状は変わりませんが、製薬会社に就職する薬剤師も増えています。ドラッグストアを含めても、大きく4つの勢力が存在する構図になっています。

製薬会社における薬剤師の位置づけとしては、研究関連の業務につくこともあります。修士や博士などのステイタスがあれば、こうした道も開けるのが製薬会社の特徴です。最先端の現場で活躍できる可能性が開かれるのも、製薬会社の魅力となっています。

製薬会社の中でも多くの薬剤師が活躍する場としては、MRの職が一般的です。管理的な立場を担うMRは、医薬情報を有して医療機関に伺い、医師に対して適切な医薬品情報を提供するのが業務となります。

薬剤師資格が無くても業務を担うことができますが、薬に対する専門的な知識が必要になるため、薬剤師の資格が有利に働きます。 MRは高収入であることも魅力の一つです。

30代であっても年収1,000万円以上を期待することができるなど、収入のステップアップを図るには最適です。MRの他にも医薬品情報管理業務という、いわゆるDI業務を主体とするポジションにつくことができるのも、製薬会社における薬剤師の特徴です。

最近は日々新たな情報が更新されていく時代です。最新の医薬品情報を収集し、適切な管理を行うのが必要とされるため、薬剤師が製薬会社でDI業務を担う割合は増えています。

また、薬に対する専門的な支援を行う業務に就く場合も考えられます。コールセンターのような、直接的な対応を行い、企業に貢献するというものも存在するのです。薬剤師は薬事に関わる業務を担うこともできるため、知識の豊富さを消費者に向けることも大きな強みとして利用することができるのです。